ゆき潜入捜査官誕生~草本鉱山跡 [潜入捜査ファイル]

突然ですが、わたくしゆきが潜入捜査官としての初潜入先・・・
それが大分県中津市山国町の草本鉱山跡でした。
あれは今年2009年1月1日のこと・・・
とある携帯サイトにこんな廃墟があるので行ってみませんか?
と、掲示したことから始まった・・・
その日、英彦山はかなりの積雪量でした。
僕以外に3人の捜査官が草本鉱山跡の陰謀を暴くため潜入しました。
(毎回陰謀なんかないけどね(-。-)y-゜゜゜)


軽く草本鉱山あとの歴史を紹介すると
金鉱を発見したのは、室町時代の英彦山の山伏でした。
そこから中津藩が管理し、
最盛期には、抗夫500人余りも働いていたとされる草本金山精錬所跡です、
昭和15年頃までこの地域一帯は鉱山社員や抗夫の住宅、診療所、テニスコート、映画館等が
作られるなど一大鉱業所として繁栄を見せていました、
しかし第二次世界大戦を境に衰退していき現在に至っています。


大分県中津市山国町草本

県道646号
草本金山跡.jpg


内部は1~2km程トンネルが続きところどころに大きな
ぬかるみや水たまりがありました。


その時のトンネル内は雪が積もっているにもかかわらず、若干蒸し暑く、
また、コウモリの糞が大量にある場所もありました。
岩盤もかなり脆く、少しの衝撃でぼろぼろと崩れ落ちる始末・・・
我々潜入捜査官は、念のため他の捜査官(今日来なかった友達)に
詳しい場所などを伝えておいた。
(だって生き埋めとかなったら掘り起こしてもらわなきゃだから(;一_一))
草本鉱山跡は最後には行き止まりになるけど、
足もとに転がる石にはキラキラした金粉??のようなものが混じっているのが
だれの目にも確認できました。




タグ:廃墟 潜入
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます